沖縄北部 大迫力ホエールウォッチング!!

スポンサーリンク
国内旅行

今回は国内旅行についてです。
先日行った沖縄旅行のハイライト ホエールウォッチングです!

催行会社によると、遭遇率はなんと99%‼︎
「ホントかよ」と疑いながら参加してきました。

スポンサーリンク

座間味島か北部か

沖縄でホエールウォッチングといえば座間味島が有名です。
座間味島の港内にはクジラのオブジェがあり、島の民宿もクジラが沖縄に来る1~3月はハイシーズン価格としているほどです。

座間味港内のクジラのオブジェ

座間味島は那覇の泊港からフェリーで2時間の位置にある離島ですが、ホエールウォッチングのツアーだと本島発のツアーもあります。
おそらく需要などからして、本島発座間味島周辺のツアーが主流だと思います。

その一方で北部発のツアーは、出発地が那覇空港から約2時間の場所にあることなど、不便な点があります。

ただその分、クジラをより間近で見ることが出来ます
というのもクジラに近づける距離は、クジラの周辺にいる船の数で決まるのです。
そのためツアーの少ない北部の方が、より近くでクジラを見ることができる確率が高いです。

スポンサーリンク

僕が選んだツアー

僕は今回「Sea World」さんのホエールウォッチングツアーに参加しました。

この時期のツアーは多くの会社が「遭遇できなかったら全額返金」というキャンペーンを行っているので安心です。

またSea Worldさんのツアーを選んだ理由は、料金が安かったからです。
僕が調べた限りホエールウォッチングの相場が4~5,000円。パラセーリングが200mのもので安くて7,000円ほどという印象でした。

しかし今回のツアーはホエールウォッチング+200mパラセーリングで10,800円。さらにじゃらんのクーポンが利用でき、キャッシュレス5%還元対象事業者だったので、かなりお得でした。

スポンサーリンク

ツアーの詳細

北部にある本部港を13時に出港し、18時に帰港するというツアー行程でした。

出港後にパラセーリングをし、その後ホエールウォッチングを行う本船に合流するという流れです。

今回のパラセーリングの所要時間は45分ほどで、参加者はツアー全体の2割程度だったと思います。

今回はクジラが早めに見つかったので、16時前には解散しました。

クジラへのストレス軽減のため、観察出来るのは発見から一時間という制限があり、一時間経過後は港へ戻りました。

なのでツアー行程にある18時帰港というのは、遅くとも18時には港に帰るという意味だと思います。

スポンサーリンク

ツアーの様子

クジラとの遭遇を待つ間、船員の方がクジラの生態などについて説明してくださいました。

船内にはトイレが二ヶ所あり、またお茶やアメ玉、レインコートのサービスもありました。

記念撮影も船員さんがしてくださり、翌日には写真をアップロードしてくれます。

写真が苦手でも安心ですし、集中してクジラを見ることも出来ますね!

スポンサーリンク

ついにクジラが…!!

今回見ることが出来たのは親子クジラと雄クジラの三頭

またクジラがかなり珍しい動きを見せてくれたようで、船員さんも驚いていました。

さらにクジラが写真映えする方向に現れてくれたおかげで、伊江島を背景にしたいい写真が撮れました。

スポンサーリンク

過去のベストショット

今回は見ることが出来ませんでしたが、過去にはこんなダイナミックな写真が撮れたそうです!

引用:”https://nis.nikonimagespace.com/html/guest/ja/index.html?g=y5dogtwErQMhk01Twndxp2bD-YXurD836WbTy_Tq372D5qbSGbJoIi-baXHKq3C9eO__YhCsrmS5S52Zr5INpg&r=0#grid”

値段的にも、内容的にもかなり満足いくツアーでした!
全額返金の保証もありますし、かなりオススメできます!

みなさんもぜひ冬に沖縄旅行をしてみてはいかがですか?

写真素材 PIXTA

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました