人生初のひとり海外旅行 台湾

スポンサーリンク
バックパッカー

僕が人生で初めて、海外一人旅をした国が台湾です。

僕は台湾を2回旅しています。

一回目がそのひとり旅。
二回目はゼミ旅行。

ゼミ旅行に関しては、一回目とほぼ同じ場所を訪れました。

というわけで今回の投稿は、一回目のひとり旅での出来事がメインとなります。

スポンサーリンク

旅の概要

日程

僕が台湾を旅したのは、2018年6/22~6/24。二泊三日の旅でした。
また曜日でいうと金曜から日曜日。週末海外旅行というやつですね。

この学期の金曜日は、一限の授業しかなかったのですが、その授業が休講になったため三連休が出来ました。
その三連休を利用して海外に行くという、なんともフッ軽な旅ですね。

この経験もあり、僕は全休を作るなら月曜か金曜と決めています。
どちらかを全休にできれば、毎週三連休になりますからね。

ちなみに3年生の後期は、前期に授業をたくさん取ったこともあり、月火が全休という
毎週四連休の生活でした。

話がだいぶ逸れましたが、台湾ひとり旅は6月の金土日に行いました。

目的

旅の目的は九份を訪れること!
僕はジブリ映画『千と千尋の神隠し』が大好きなので、九份は必ず行きたかったです。

その他の目的は特になく、なんとなく観光できればと思っていました。

ただタイのナイトマーケットが楽しかったので、夜市には行きたいなと。
あとはトラブルなく帰ってくることですね。

予算

正確な記録がなく、申し訳ないのですが、
現地で使うお金を15,000円としているメモを発見しました。

ただ実際の支出を記録したものがなく、実際いくら使ったかは分かりません。

記憶としては、現金とクレカを併用したためお金の管理が大変だった気がします。

三日間、現地で旅するお金1,5万円の他に、
航空券代がLCCで約2万円
宿泊費がクーポン利用の2,500円でした。

宿泊費に関しては、じゃらんさんが3,000円以上の予約で1,000円割引いてくれる
めっちゃお得なクーポンを配っていたので、かなりお得に泊れました。

総じて旅の費用は3.8~4万といったところでしょう。

スポンサーリンク

ルート

旅のルートはかなり綿密に組みました。
ひとり海外ということで、相当緊張していましたからね。

0日目

飛行機が関空を8:25分発ということで、前日は空港泊をしました。

関空にはエアロプラザにRELAX SQUAREという施設があります。
かなり簡易に仕切られたスペースを借りるだけですが、ロビーで雑魚寝するよりはいいだろうと思い、こちらを利用する予定でした。

なお、KIXカードを提示すれば利用料が半額になるというサービスがあります。

というわけで当日KIXカードを受け取り、受付へ行くと
既に満室という文字が。。。

それはそうですよね、僕が行ったの0時頃ですし。
ケチらないで早く来ればよかったなぁって思いながら本日の寝床を探します。

エアロプラザの二階には休憩所があり、無料で誰でも利用することができます。
しかしこの時間ですから、もう人でいっぱい。
ここは本当に日本?って思うぐらい中国人観光客だらけでした。

どうにか場所を確保することは出来ましたが、
なかなか寝付けず、3時間ほどしか眠れませんでした。

1日目

朝食はマックで済まします。
代金ちょうどを用意して行ったはずが、想定より高い請求が。。
関空のマックって少し他店舗より高いんですね。知らなかった。

そんなこんな飛行機へ乗り、台湾へ。
距離も短いので特に機内サービスはいらないかなという印象。
LCCで十分です。

桃園空港には10:15着。
空港でSIMカードを買って、入国審査へ。

この入国審査がえらい長くて。全然前に進まないんです。

平日のみ、11:30分までの入場で中華民国総統府を見学できるということで、
「もしかしたら間に合うかも!?」なんて考えていましたが、到底ムリでした。
入国審査を通過できたのが11:30頃でしたから。

ということで空港でMRTの72時間切符を購入して、いざ台北市内へ。

あとから気づいたんですが、僕44時間後には空港にいる予定でした。
なので72時間切符ではなく48時間切符で十分でした。
皆さんはお間違いのないよう、気をつけてください。。

当初の予定では、
中華民国総統府→ホテル
という予定でしたが、

総統府には間に合わなかったので、
ホテル→龍山寺
とプランを変更しました。
二日目に行く予定の龍山寺を初日に行くことで、だいぶ二日目はゆとりが持てました。

ちなみに、僕が今回お世話になったドミトリーがこちら。
Oxygen Hotel Taipei Main Station

比較的新しくキレイで、台北駅や西門駅駅のアクセスもよくいいホテルでした。
またちゅうどW杯の時ということもあり、
一回のBARではパブリックビューイングが行われていました。

龍山寺

その名の通り、お寺の中には龍がたくさん。

なんでも台湾の有名なパワースポットの一つだとか。

また日本のお寺には絶対にない電光掲示板があったりと文化の違いを感じました。

情報が少なくてすみません。。

九份

九份へは、初日に行きました。
というのも、この日が旅で唯一の平日であるということが大きな要因です。
九份は台湾国内でも人気のスポットということで、土日はかなり混むそうです。

この九份では、かなりメンタルやられました

写真はうまく撮れないし、日本人観光客とかが多くて寂しくなるし。おまけにめっちゃ雨降るし。。。

ただ最終的にはまぁまぁ納得のいく写真が撮れました

この九份、事前リサーチ通りかなり早い時間にお店が閉まります。
19時~20時の間に多くのお店が閉まり、その後は細い道をゴミ収集車が通ったりします。
それに合わせて人も減り、21時ごろにはだいぶ空きます

ただ帰る手段にはご注意を。
僕はひとり旅だったので運よく乗ることができましたが、
なかなか複数人旅行では帰りのバスをゲットするのが難しいかも。

あとでお話ししますが、タクシーがかなりオススメです!

2日目

二日目は台北市内を観光しました。

ルートは、
国立中正紀念堂→華山1914→忠烈祠→国立故宮博物館→士林夜市
です。この日は活発に行動しました。

国立中正紀念堂

国立中正紀念堂は、とても大きな蒋介石の像があるところです。

その像の巨大さは圧巻!!かなりの迫力です。

また像のある広間では、9時から17時の毎時ちょうどに衛兵の交代式が見られます。
写真左下の衛兵さんが交代します。
それまでは人形のように動きません。

兵隊さんの威厳であったり、微動だにせず像を守る姿であったり、
見どころ満載です!!

華山1914

華山1914はちょっとしたおしゃれスポットです。

カフェがあったり、雑貨屋さんやアート、映画館などハマる人はハマるスポットです。

僕はこのエリアの雰囲気が好きでした。
都会にありながらなんだか落ち着いた雰囲気がいいです。

忠烈祠

忠烈祠の見どころも、衛兵の交代式です。

ここでの交代式は、国立中正紀念堂の交代式よりも、
より間近でより長い距離を見ることができます。

ここでは行進を見ることができますから、
好きなアングルに先回りして写真を撮るのもオススメです。

また衛兵さんが歩んだ後がこのようにくっきりと残っているんです。
コンクリートにも残る足跡。かっこいいなぁ。

国立故宮博物館

台湾の有名な博物館が国立故宮博物館です。

ここには、なんだか不思議なお宝があります。
それがこちら。

『翠玉白菜』
めっちゃ白菜ですよね。

そしてこちら。

『肉形石』
美味しく煮込んだお肉にしか見えません。

とても変わった展示で思わず笑ってしまいました。

また博物館の隣にあるのがこのレストラン。『故宮晶華

アポなし、変な格好の僕のことも受け入れてくださいました。

このお店、料理がめちゃくちゃおいしかったです。
店内もおしゃれだし、今度はキレイ目な格好してまた行きたいです。

士林夜市

士林夜市と故宮博物館は、比較的近くにあるため、
故宮博物館を閉館時間まで楽しんでからでも十分に夜市を堪能できます。

ここの夜市は狭い道幅にたくさんの人がギュウギュウです。
スられても気づけないかもしれません。
また気づけても犯人を追えないでしょう。

荷物には十分に注意してください。

この夜市で困ったことは注文です。
「これを食べよう」と思っても、店員さんに伝えることができないのです。
なぜなら中国語だから。意味は感じ取れても発音がわからないから伝えられない

僕はスマホで写真を撮りこれが欲しいと伝えました

英語が通じない場所って苦労しますよね。

3日目

最終日は10時には空港にいなければならなかったので、
観光をする時間はありませんでした。

なので、ドミトリーの近くで台湾のおかゆを食べ、
空港でお土産を買ったくらいですね。

そして16:30関空着。
これで僕の初めての海外ひとり旅は終わりました。

スポンサーリンク

十份とタクシードライバー

ゼミ旅行で二回目の台湾を訪れた際、十份へ行くことが出来ました。

十份はいい場所でしたね。
ランタンをあげたり、滝を見に行ったり。
九份とは違う、田舎の感じがよかったです。

ここでいい出会いがありました。

十份の駅から離れた滝を見たあと、これから九份へどのように行こうか考えていると、
タクシーが停まっていました。

そのタクシーに九份までの値段を聞き、その後に「団体だから安くしてよ」とお願いすると
こちらの希望以上の値引きをしてくれました。

また九份へ着いた後、ホテルまで送ってくれないかと訪ねると、快くOKが。
もちろん追加料金は払いましたが、電車とバスを使って帰るのとほぼ同じ値段でした。

詳しくいくらだったかまでは覚えていませんが、かなりお得でした。
帰りがけには集合写真を撮ってくれたりと、至れり尽くせり。

人もよく、本当に感謝です。

観光地でのタクシーの客引きは鬱陶しいかもしれませんが、
案外いい思いができるかも
積極的にコミュニケーションを取るのもいいですよ!

日本とは違い、値段交渉ができる国でもありますし!

スポンサーリンク

トラブル

ここでは僕の初海外ひとり旅の失敗談をお話しします。

結論からいうと、僕は風邪を引いて帰国し、その後3日間寝込みました。

台湾は温暖な気候の国です。
また欧米の人はクーラーを好みます

僕が泊まったホテルは6人相部屋。
同室の人に会うことはありませんでしたが、クーラーはいつでもガンガンでした。

僕はクーラーに弱いため、普段はあまり使いませんが、
この三日間はクーラーガンガンの中寝ました。

ということで、風邪を引いたんでしょう。

おそらく、僕が勝手にクーラーを弱めても、
あとから入ってきた誰かがまたクーラーをガンガンにするでしょう。

なので海外をバックパッカーする際は、周りの環境ではなく自分の環境を整えるべきです。
ここでいえば、防寒着を準備しておくべきでした。

皆さんもお気をつけください。

スポンサーリンク

終わりに

そんなこんなで、僕の初海外ひとり旅は無事に終わりました。

この経験が、その後のヨーロッパバックパッカー旅にも生きたと思います。

なので皆さんも、まずは近場の海外でひとり旅をしてみてはいかがでしょうか。


それでは!!

写真素材 PIXTA

コメント

タイトルとURLをコピーしました