文系のど素人がpythonを勉強し始めました!!

スポンサーリンク
休学生活

どうもです!

このブログを書き始めてから、インターネットについて興味を持ち
現在10月の基本情報技術者試験に向け勉強中です。

そんな折、基本情報技術者試験の勉強を通じて新たに興味を持ったものがあります。

それがpythonです。

スポンサーリンク

pythonとは?

pythonについては、色々なサイトで詳しく紹介されているので、ここでは詳しく書きません。

ただpythonについてよく言われることである”書きやすさ”について、
ど素人目線で少し話します。

まず僕がpythonを勉強し始めた理由は、AI開発してみたいって思ったからです。
そんな漠然とした目標から、プログラミング言語という未知の領域について調べ、
出会ったのがpythonでした。

pythonについては色々なサイトで「分かりやすい」や「初心者も勉強しやすい」など言われています。

ただ正直pythonが分かりやすいかどうかを実感することはなかなかないです。

それは、僕が比較対象となるその他のプログラミング言語のことを全く知らないから。
いくらpythonが分かりやすいプログラミング言語であったとしても、
pythonしかプログラミング言語を知らない僕にとっては、pythonがすべての基準となり、Pythonのレベルを「普通」と感じる訳です。

ただ、勉強の過程でpythonのコードが他のプログラミング言語のコードと並んでいるのを見ました。

びっくりするくらいPythonはコードの量が少ないです。
そして単語が分かりやすい。

これが唯一、僕がPythonは分かりやすいんだろうなぁと感じた瞬間です。
なのでpythonが分かりやすいプログラミング言語というのは、やはり本当だと思います。

具体的にいうと関数の単語が分かりやすいです。
多少の英語力があれば理解できるレベルです。
そのため入力ミス等も減ると思います。

例えばデータを表示させるための関数は”print” 。
また条件分岐させたいなら”if文”を使います。

他のプログラミング言語のことを全く知らないので、
“print”や”if”くらいの単語なら他のプログラミング言語でも使われているかも知れません。

ただ、pythonには、日本人にも馴染み深い単語が多く使われているように感じます。

スポンサーリンク

勉強法は?

pythonに限らず、プログラミング言語を学習する最も主流の学習法は、
教室やオンラインで教えてもらうことなのではないでしょうか。

専門家から教えてもらうということには多くのメリットがあります。

ただ、僕は金銭的な理由から断念しました。

なので僕は「paizaラーニング」というサービスを利用して利用しています。

このpaizaラーニング。受講するコースにもよりますが、基本的に無料で学習することが出来ます。

僕が現在学習しているコースは、pythonの基礎的な部分を学ぶコースですが、完全無料です。

授業の流れとしては、初めに2~5分程度の動画が流れます。
この動画の横には、自分でコードを書くスペースがあるので、動画のお手本と一緒に自分でコードをいじることが出来ます。
そして動画終了後には練習問題があり、outputする機会も設けられています。

内容も分かりやすくていいのですが、量に関しても十分な量の動画が用意されています。

僕が今学習しているコースには、85の動画あります。
動画1本を4としても、4×85で340分の学習となります。

さらに動画終了後の練習問題や実力チェックのための問題が用意されており、無料コースのみであっても10~20時間程度は学習できると思います。

URLを貼っておくので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

ITエンジニア向け転職・就活・学習サービス【paiza】
ITエンジニア・プログラマ専門の総合求職・学習サイト【paiza(パイザ)】。プログラミングスキルチェックで実力を可視化し、スキルがあると認められれば企業からスカウトが届くなど転職が有利に。学歴や職歴ではなく「技術がある人」が評価されるサービスです。
スポンサーリンク

参考書は?

paizaのひとつのコースだけで10~20時間の学習時間になると言いましたが、
プログラミング言語の基礎を習得するには、200~250時間の学習が必要と言われています。

もちろん何の言語を学習するかによって前後するでしょうけど、
ど素人の僕にはいくらpythonが分かりやすいプログラミング言語だとしてもそれ以上の学習時間が必要になることでしょう。

そこでpaizaの学習と並行して、参考書を使った学習で基礎を固めようと考えました。

僕が迷った参考書はこの二冊。



入門 Python 3


みんなのPython 第4版

どちらもネット上で評判のよい参考書です。

僕は『みんなのPython』を購入しました。
というのもどちらにすれば良いか分からなかったので、今後多くの参考書を買うことを見越して安い方にしました。

まだ勉強を始めたばかりで、レビュー出来るほど使い込んでませんが、
正直paizaのほうが分かりやすいなと。

本もpaizaもそうですが、難易度が上がりコードエラーが増えれば増えるほど、
僕のミスを指摘してアドバイスをくれる存在が欲しくなります

これが紛れもなく独学の最大の欠点ですね。
かなり大きな欠点ですので、プロからのアドバイスやサポートが欲しいという方は、独学をやめたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

おわりに

というわけで、pythonを勉強し始めたよという投稿でした。

難易度が上がるにつれて挫折しそうですが、コツコツ頑張ろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました