mytripに電話したら、クセだらけだった

スポンサーリンク
ワーホリ

5月4日の深夜、mytripからメールが届きました。

どうやら今回は一斉送信ではなく、僕個人に対する返信の様です。

そのメールがこちら↓

簡単な英語で書かれているので、文章は理解しやすいですね。
とりあえず「refund」という単語を見つけたので、返金されるかもという期待を抱いてしまいます。

スポンサーリンク

mytripは日本語対応してくれる!

mytripの電話って英語だけだった気がするんだよなぁって
思いながらHPを見ると、日本語対応可能とのこと!

月〜日の8:00から17:00なら、日本語対応してくださるそうです!
朝めっちゃ早いですね。

スポンサーリンク

実際に電話してみた

HP記載の電話番号に電話をかけると始めは英語が流れました。

その英語はロボット音声なのですが、なぜか複数人がリレー形式でガイダンスを読み上げてくれます。
何番目の人かは忘れましたが、男の人の声の時に5番を押すと日本語が選択できます。

その後は日本語にて問い合わせ内容を選択するように言われます。
ただ中国人の方の日本語で、読み上げが早く、音声も荒いので、聞き取りに苦労しました。

問い合わせ種別の選択後は、保留の音楽が流れます。
なかなか激し目の音楽が20秒ほど流れると、電話からの離脱をオススメする音声が流れます。

僕の場合は電話してから8分後に、担当の方に繋がりました。

スポンサーリンク

担当の方の対応

まずはじめに、「〇〇番号を教えて」と言われました。
ただ〇〇の部分を聞き取ることが出来ず、メールに記載されている番号を伝えると違うと怒られてしまいました。

ただ何番号か分からないので、
「予約番号でもいいですか?」と聞くと
「じゃあ、それでもいいです。。」とのこと。

めっちゃ呆れた感じで言われてしまいました。
なんだかすみません。

その後本人確認を済ますと、
どうやら僕の場合、ここでは対応できないとのこと。

僕の予約は
予約したフライトが欠航→航空会社が変更
というケースで、別部署で返金できるか確認する必要があるそうです。

「勝手に変更されたのになー。。」と思いつつ、
どうしようもないので承諾。

その後は丁寧に問い合わせ手順を教えてくださいました。

ただ別部署は英語のみとのこと。
マジかぁと思っていると、「メールには返信されましたか?」と聞かれました。

「電話してと書いてあったのでメールは返信してません。
メールでも問い合わせられるのですか?」と聞くと

「急ぎなので、電話で問い合わせしてということだと思います。
電話してください。」との回答。

メールでもいいのかもという淡い期待は一瞬で消えました。
なら聞かないでよ。。

スポンサーリンク

おわりに

文化の違いなのか色々と面白い点がありましたが、ご丁寧な対応でした。

というわけで英語で電話してきます。
出来る気がしない。。笑笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました