[まさか]色々あった沖縄放浪初日[難読地名]

スポンサーリンク
バックパッカー

昨日の予告通り、本日から沖縄放浪旅がスタートしました。

残念ながら今日はweb説明会の予定があり、海に行くことが出来なかったので、ライカムという大きなイオンモールのそばのホテルに泊まって、海水浴の準備をすることにしました。

スポンサーリンク

沖縄の難読地名

那覇のからライカムまで、バスで移動しました。
僕が乗ったバスは琉球バスの23系統。
予定よりも4分遅れてバスが来たのに、定刻通りに到着という珍しいパターンを経験しました。

そのバス移動の道中に、興味深いなぁと感じることがありました。
それが沖縄の地名です。

ないちゃー(沖縄方言で本州出身の人のこと)の私にとっては、北谷(ちゃたん)という地名でさえ難読なのですが、このバス旅では初見殺しすぎる地名を多く発見しました。

例えばこちら
勢理客」

読めますか?知らないと読めないと思います。

正解は
じっちゃく」です。


どこが「じ」で、どこが「ちゃく」なのかわかりません。
そもそもこの分け方でいいのかも不明です。

第二問としてこちら
武宇留原

なかなかいかつい感じの地名ですね。

正解は
ぶうるばると読みます。

先ほどとは違い、どの漢字がどの読みを担当しているのかは明確ですが、初見でこの読みにたどり着く人はなかなかいないのではないでしょうか。

両方とも一発で読めたという方は間違いなく才能ありですね!

レンタカーで目的地まで行ってしまいがちな沖縄旅ですが、こうしてバスでのんびり旅することで新たな面に出会えることがあるかも知れませんね。

スポンサーリンク

泊まったホテルがまさかの。。。

本日の宿はイオンモールライカムから約500mほどの場所にあるRycom Garden Resortさんです。
宿泊代金は2,510円。安いですね。

個人的に色々と面白いなと感じる部分が多いホテルです。

例えば…

受付が無人でタブレットのみでチェックインができます。

建物の感じにキャンプ場っぽい雰囲気を感じました。

お部屋の感じはというと、

殺風景な部屋ではありますが、広さもあります。



ただこのホテル、まさかの元アレだったのです。

それが発覚したのは、父との電話でのこと。
学生時代を沖縄で過ごした父は、このエリアが昔ホテル街だったことを知っており、お前は一人でラブホに泊まってるのか?と爆笑しながら言って来ました。

確かに言われてみると、

ベッド横の鏡や壁紙の感じなど思い当たる節が多々あります。

そこで改めてホテルのレビューを調べてみると。。。

分かる人には分かるようです。てか僕が分からないだけ?
この事実を知ってから、急にここにいることが恥ずかしくなります。

でもね、こんなハズじゃなかったんですよ。
だってアゴダには、いい感じの写真が載ってたんです。

全然元ラブホ感ないし!なんならちょっとおしゃれな感じだし。
レビューにある様にラブホ感強めの部屋だった様ですね。

元とはいえ恥ずかしいですが、こうして話のタネに出来ているからまぁいいか。

スポンサーリンク

今日の会計

ここでは今日使ったお金を確認します。
ちなみにこの旅の予算についてはこちら↓

それでは項目ごとに確認します。

宿泊費

今日の宿泊費は2,510円

一泊平均予算が3,858円ですので、1,000円近く節約することが出来ました。

そのおかげで、明日からの一泊平均予算が4,081円と4,000円を超えました。

交通費

今日の交通費は、那覇からホテルまでのバス賃のみ。

そのバス賃に600円を使いました。

よって残り予算が9,400円。
元々多めに予算をとっていましたが、どうやら余りそうです。

余った分は食費やその他に回ると思います。

食費

今日の食費は721円

夕食だけだったことを考えると、やや使いすぎかなという印象。
明日以降の分の食料も若干含まれていますが、少し意識する必要がありそうです。

その他

その他として、
海水浴をするための道具を百均で買いました。それらが330円。
また移動時に使用するマスクを311円で購入。

合計641円の出費です。

この分の出費は、交通費から補填できるだろうと考えています。

スポンサーリンク

明日の予定

明日は宜野座村の友人を訪ねる予定です。

ちなみに彼が泊めてくれるらしいので、宿泊費を浮かすことが出来ます。
かなり助かります。

というわけで明日は雨の予報ですが、沖縄本島を北上します!!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました